転職の面接で注意すべきこと

転職の面接で注意すべきこと

 転職者の面接の場合、採用試験を受ける企業への志望動機はもちろん採用担当者から聞かれますが、同様に必ず聞かれるのが前職の退社理由です。

 

 まず、前職では実現できなかった何かがあったということを説明します。そして、実現できるよう自分なりに社内に働きかけても、それができなかった理由も話します。このとき、注意しなくてはならないことは、その理由が誰もが納得できるということです。そしてそれらを説明した上で、面接先の企業であれば、それが実現できると思ったことを先方へ伝えます。

 

 このように、前職での退職理由が、そのまま採用試験を受ける企業への志望理由と自然に流れる感じがベストです。

 

〔Pick Up〕
40代の転職
普段の仕事よりも、更に段取りが大切。40代の転職を応援します。

 

 しかし多くの転職者の退職理由は、実際には前職での人間関係や不平不満がほとんどです。これをストレートに面接で話される方もいらっしゃいますが、これは逆効果です。結局、次の職場でも同じようなことになると見なされてしまうため、あまりに思いをストレートに話すことは避けるべきでしょう。

 

 ただし、これはやはりテクニックではなく、不平不満を言う前に自分がどれだけ改善できるよう行動できるかは、社会人として基本的なことです。

 

 面接では話し方や相手の話の聞き方こそ大事であり、何を話すかよりも、こうした受け答えに社会人としての経験や厚みが出てしまいます。

 

 まずは採用担当者と気持ちよく会話ができるということを意識して、面接に臨むことをオススメします。