自動車メーカー系の転職について

自動車メーカー系の転職について

 自動車メーカーといえば、トヨタ自動車が今年度、自動車の生産台数で1000万台の大台を超え、世界一となるとのことです。その他の国産メーカーも軒並み生産台数を伸ばし、自動車業界は活況を呈しています。

 

 特にこれらのメーカーは国内生産台数を伸ばしており、これも円安の状態による輸出優位によるものとなっています。

 

 これは国内の雇用事情にも大いに影響し、いま自動車業界は空前の売り手市場となっています。そんな自動車業界への転職も非常に有利な状況と言え、これらの業界系の転職市場、特に技術系職種の転職については、非常に高い条件が提示され、展開されているようです。

 

【特集】
40代の転職
あなたの能力はあなたが把握出来ていないものもあります。40代の転職支援。

 

 技術系職種については新卒でも募集がかかっていますが、特に即戦力となる経験者の転職者マーケットもかなり人数が限られるため、引く手あまたの状態となっているようです。

 

 特に人気のハイブリッド車の関連する電気技術系の人材やプログラミングなどコンピューターに強い人材などは、ワイドオープンな条件で、転職が可能な状況です。

 

 一方、通常のライン系職種については、主に契約社員や期間雇用社員という形態での募集が中心になっていますが、海外の生産拠点へ技術支援に出向く人材として、英語ができる人材の募集も行われています。この場合TOEICで700点以上の点数を保有している人材は有利に転職を進めることができるようです。